MENU

お知らせNews

2018.06/22

ESD

6年生 小中連携サイエンス「日光と葉のでんぷん」

中学校の化学室で、日光と葉のでんぷんの実験をしました。

まず最初にガスバーナーの付け方の練習です。

マッチの付け方の復習のあと、ガス調節ねじと空気調節ねじの微妙な調整に苦労していました。

今回は葉を煮る方法ででんぷんを調べます。

そこで葉をやわらかくなるまで煮ました。

慎重にエタノールが配られ、

そこへ葉を投入。しばらくするとエタノールが緑色に…葉は白くなり、ヨウ素反応がわかりやすくなりました。

ヨウ素液をかけると…

右側が何も被せてなかった葉、左側がホイルを被せていた葉。でんぷんを作るのに日光が必要なことがわかりました。

最後はグループで結果、考察をまとめました。

次回はどんな実験になるのか?設備の整った化学室で色んな実験をさせてもらうのが楽しみです。