MENU

お知らせNews

2018.11/07

ESD

1年生 ベーシックアドバンス 「干し柿を作ろう」

秋も深まり、柿やドングリが朝の会に届くようになりました。

 

そんな中「合わせ柿」を持って来てくれた子が

「これは渋柿だったけど焼酎をかけておいておいたので      甘くなったよ」

と教えてくれました。柿に渋いのと甘いのがあるの?

どうしたら甘くなるの?

そんな疑問がわいてきました。そこで渋柿が色々工夫されていることを知り、干し柿を作ることになりました。

大きな渋柿を持って来てくれたのでピーラーを使って剥きました。手の位置を気をつけて上手に剥いてくれました。

小さな渋柿も先生に手伝ってもらって剥き、ロープにかけていきました。

 

「うまくかけられたよ。」

「わあ、こんなの見たことある!」と 嬉しそうです。

殺菌のため、熱湯にくぐらせるのはパートナーの6年生に手伝ってもらいました。

 

1年教室前のテラスに干しました。ここなら風がよく通りそうです。もっと気温が下がるとカビが生えず、うまく渋みがぬけるようです。

年末には美味しい干し柿になってくれるよう見守りたいです。