学校法人 奈良育英学園 奈良育英グローバル小学校

MENU

2017.01/13

グローバル教育

シンガポールからお客さま

今日は、玉井先生とシンガポールからのお客様をお招きして、玉井式算数の授業参観でした。

玉井式算数の授業では、「図形の極みプロフェッショナル」という進級式のテキストと、問題のヒントやアニメーションによる説明を見ることができるタブレットを使用して取り組みます。

授業の前半は、一人一人自分のペースで、テキストを進めるため、それぞれが違った問題を解いていきます。じっくりと、集中して問題と向きあいます。

授業の後半は、難問の展開図問題をみんなでいっしょに考えます。

まず、問題のヒントの動画をみます。サイコロの展開図が、立方体になるまでの様子を動画で確認し、問題を解く手がかりを見つけました。これは繰り返し見ることができます。

実際のサイコロを使って、想像したイメージがあっているか確認する子もいます。

そして、スクリーンの問題に答えを書き入れ、みんなで正解を確認しました。

自分と答えが違う場合は、どちらが正しいかを考えます。

最後には、ヒントの動画がない問題にも取り組みます。動画がある練習の問題で、ウォーミングアップしたイメージング力を生かして自分の頭で考えました。

 

答え合わせも自分で行い、間違えた問題は、解説を見て考えます。

玉井式算数はスパイラル方式であり、何度も同じ問題に触れることで解き方を定着させていきます。

子どもたちは5年生になってから、これまでに6級、5級、4級とレベルを上げて学習しており、少しずつ発想力が身についてきています!

 

これからも、くりかえし学習していきましょう!